鉄筋が現場に到着するまで

こんにちは。長瀬です。

梅雨入り間近ということでじめじめした日が続いていますね。。。

鉄筋が現場に到着するまで

さて本日は、タイトル通り「鉄筋が現場に到着するまで」を書いていこうとおもいます!

いろいろな工程を経て職人さんが取付をしてくれているわけですが
その工程、気になる方も多いと思いますので載せていこうと思います!

これはシリーズ化しそうな予感(笑)

鉄筋材入荷

まず最初にお見積書を見てそこから今月使いそうな分を現場ごとに出します。
入れすぎてしまうとお金が大変なことになってしまうので。。。

大型現場で何百本と同じものが出ることもあるので、職人さんに送っていただいた
加工帳を見て本数を決めます。(たまに目測を誤ることも。。)

出した数量と現場の搬入日を照らし合わせ加工場への搬入日を決めメーカーさんに注文します。

たまに工程が早まったから前倒しで欲しいと職人さんに言われることもありますので
そこらへんも考慮しながら!

いかがでしょうか?
加工を始める前、鉄筋が加工場に来るまででもいろんなことをしているということを
知っていただけたと思います。

それでは次の工程に進みましょう!
と思いましたが、あまり長くなってもあれですので続きはまた次回書かせていただこうと思います(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です